央部物産 J.I.C.8 MERRYBOCO ココナッツオイル
央部物産 J.I.C.8 MERRYBOCO ココナッツオイル
央部物産 J.I.C.8 MERRYBOCO ココナッツオイル
央部物産 J.I.C.8 MERRYBOCO ココナッツオイル ▲ 左:レオナルド・ミゲル・T・アキノ地区長
央部物産 J.I.C.8 MERRYBOCO ココナッツオイル ▲ フィリピンと日本の歴史資料館
央部物産 J.I.C.8 MERRYBOCO ココナッツオイル ▲ 喫煙エリアにタバコの害についての看板がある
央部物産 J.I.C.8 MERRYBOCO ココナッツオイル ▲ 日本でお馴染みの企業を見かける
央部物産 J.I.C.8 MERRYBOCO ココナッツオイル ▲ 日常の街並み

央部物産 J.I.C.8 MERRYBOCO ココナッツオイル

J.I.C.8(ジックエイト)は、フィリピンと日本をつなぐ架け橋として、2012年に発足されました。
新フィリピン大統領(前 ダバオ市長)ロドリゴ・ロア・ドゥテルテ氏とも交流のあるJ.I.C.8。
J.I.C.8はダバオへの進出を推奨しております。
では、『ダバオへ進出する魅力』をお伝えしていきたいと思います。

央部物産 J.I.C.8 MERRYBOCO ココナッツオイル

① 地元有力者の応援
 ロドリゴ・ロア・ドゥテルテ(新フィリピン大統領・前 ダバオ市長)
 サラ・ドゥテルテ(ドゥテルテ氏長女 新 ダバオ市長)
 Dr.ダニーロ・C・デイヤングハイラング
 レオナルド・ミゲル・T・アキノ地区長
 ダバオ市投資促進センター


② 対日感情良好
 戦前・戦後の歴史
  都市としての急発展のきっかけは、20世紀初頭の日本人によるもの
  太田恭三郎(兵庫県出身)が1903年にマニラ麻とココナッツ農園を開始
  マニラ麻は船舶用ロープに使用されたが、第一次世界大戦景気で販売急増
  ミンタル(民多留)地区は日本人町として栄え、1938年には1万8000人居住
  日米の軍事的最激戦がミンタルで行われ、山岳部に撤退後数万人死亡
  第二次大戦後は日本人移民たちは反日感情を恐れ、長期間ひっそりと生活

 日系人会
  ダバオ市の会員数は約6,000人
  ミンダナオ日本人商工会議所、2007年3月ダバオ市に本部が発足

 日本フィリピンボランティア協会
  ミンダナオ国際大学の設立母体
  サラ・ドゥテルテ前市長時代(2013年10月2日)に名誉市民として2名が表彰
  ミンダナオ国際大学
  日本語専攻学科・高齢者福祉専攻学科・児童福祉学科
  同校ビル1階にフィリピン日系人会事務所


③ 地理的優位性
 日本直行航路…航路の関係からマニラと大差ない日数で日本へ到着
 首都マニラとの距離…約1,000Km(東京〜福岡くらい)
 台風の影響少ない…台風の発生地域より南に位置している


④ 地下資源豊富
 ミンダナオ島の中心都市
 ※難点 一部山間部の治安


⑤ 治安状況良好
 ドゥテルテ親子・一族の成果
 世界一安全都市目標宣言(現在世界4位の評価)
 反社会勢力の徹底排除
 ルールの厳守⇒喫煙禁止(街頭・屋内)罰金1万p(24,000円)
 比較的広い道幅の道路網


⑥ ダバオ市の魅力
 都市として世界一の行政面積
  佐賀県とほぼ同じ面積 ⇒ 東京23区(621ku)の約4倍
  ダバオ市の面積…2,444ku
  佐賀県の面積…2,439ku
  ミンダナオ島の面積…9万4,630Ku
  九州の面積…4万2,190ku

 人口
  ダバオ市…145万人(2010年)ただし昼間は約200万人位
  参考:マニラ市…1,200万人
  ミンダナオ島…約2,000万人

 物価
  一次産品の価格などはマニラと比較してまだ安い

 賃金
  人件費もマニラと比較して安価(2013年3月時点)
  ダバオ市最低賃金…301p(723円)/日
  比較マニラ首都圏…456p(1,095円)/日
  年平均最低賃金上昇率は約5.2%(消費者物価上昇率は約4.9%)


⑦ フィリピンの現況
 人口
  平成26年7月28日、人口1億人突破と発表
  年間、2%(約200万人)ずつ増加 ⇒ 今後10年くらいで日本を抜く
  東南アジア諸国連合(ASEAN)では2位(1位インドネシア2.5億人)
  平均年齢23歳(日本46歳)

 経済
  2013年実質国内総生産(GDP)成長率は7.2%
  一人当たりGDPは中間層の所費が急拡大する節目3,000ドルが真近に
  7月31日、中央銀行が3年2か月ぶりに政策金利3.5%を3.75%に引き上げ
  労働者が英語に堪能を生かし世界的コールセンター基地に⇒所得水準上昇
  インフレ率は3%
  サービス業の発展は良好だが、今後は製造業の発展が重要課題

 フィリピン人分析
  100年間のアメリカの植民地支配 ⇒ 英語が堪能
  家族・一族を大切にする気質 ⇒ 海外で働き、家族に送金
  OFW(オーバーシーズ・フィリピーナ・ワークス)の送金額は2011年約2兆円(GDP11%)
  敬老意識が高く、小さいころからお年寄りの面倒を見てきている
  下の世話でも平気でこなせる ⇒ 介護関係の仕事で世界的に引き合い
  カトリック系キリスト教が人口の8割 ⇒ 信仰心が高く関連行事を大切にする
  メンツを大切にする ⇒ 集団の中で恥をかくのは、すごく嫌がる

央部物産 J.I.C.8 MERRYBOCO ココナッツオイル

央部物産 J.I.C.8 MERRYBOCO ココナッツオイル

日本の企業の皆様、はじめまして。
私は、フィリピン共和国、ダバオ・デル・スル州、ダバオ市の前市長ロドリゴ・ロア・ドゥテルテです。
私は、1988年に初めてダバオ市長に選出され3期9年務め、その後、共和国下院議員を1期3年務め、2001年に再度ダバオ市長に立候補し、当選、3期9年務めました。
2010年には、娘を立候補当選させ、市長を1期3年務めさせました。
その間は、私は副市長として娘の市政を補佐しました。
2013年に再度私が市長選に立候補し当選、現在7期目を務めております。今回は息子を副市長として任命し、市政の補佐をさせております。
私どもが市政の舵取りを行ってきたこの21年間に、ダバオ市は画期的な変貌を遂げることに成功してきました。
まず、犯罪発生率を劇的に減らすことに成功し、マフィアのような組織の排除も徹底して行ってきました。
現在、市の観光局は堂々と「東南アジアで最も平和な都市」を標榜しております。
26年前に初めて市長になったときに、ダバオを国内で一番安全で暮らしやすい街にしようと誓い寸暇を惜しんで努力してきたことが、ある程度実現できたと自負しています。
しかし、私はもっと高い目標を目指しているのであります。
市内が平和になったとはいえ、まだまだ一般市民の生活水準は低く、さらなる経済成長を実現していくことが必要と考えております。
きちんとしたインフラを整備してやれば、昨今の比較的高い教育を受けたダバオの若者たちの能力を十分に生かした経済発展につなげていけると考えています。
ここで生きてくるのは、我が国が、平均年齢23歳という若い力の有り余る国であるということであります。
私は、今後ダバオ市が進むべき道は、フィリピンの一都市からの飛躍であると考えております。
いわゆる陸上競技の3段跳び、ホップ・ステップ・ジャンプの、ジャンプの時期に来ていると思っております。
確かに、フィリピン共和国の中では一番安全な街になり、道路やインフラもかなり整備はしてきましたが、今後さらなる飛躍を遂げるためには、日本の高い技術力を導入し、ぜひ、「東南アジアで一番の安全で豊かな都市」という私の理想を実現していきたいと考えております。
ちなみに高い技術力とは、決して製品レベルの高さだけのことを言っているではなく、維持管理、保守・運営ノウハウなども含めた総合的なことを指しています。
日本の友人から聞かされる、日本では当たり前のことが、フィリピン、いや、ここダバオでは、当たり前ではないことがまだまだ多くあります。
日本の当たり前と私の政策実現力とが一緒になれば、ダバオ市が本物の飛躍を実現するのも早いと考えております。
以上のような私の日本企業に対する熱い思いを、是非ご理解いただきたく思います。
日本の友人から聞いた日本のことわざに、「百聞は一見にしかず」があります。
フィリピンに、というよりも、ダバオ市に直接来て、視察いただければ私の言わんとするところをご理解いただけるものと考えております。
最後に、私の日本の友人を介した個人的なネットワークによる視察であっても、できる限りの協力・支援をお約束することを申し添えておきます。

央部物産 J.I.C.8 MERRYBOCO ココナッツオイル

先日、ロドリゴ・ロア・ドゥテルテ氏よりフィリピン共和国第16代大統領就任式の招待状を頂きました。

【本文】
The local government of Davao City is personally inviting you to witness the historic Oath Taking of our 16th President of the Republic of the Philippines His Excellency President Rodrigo Roa Duterte which will be held this 30th day of June, 2016 at the Malacañang Palace.
Your presence is highly appreciated on this historical event.

【翻訳】
ダバオ市の地方政府はマラカニアン宮殿で、2016年6月30日に開催されるフィリピン共和国大統領閣下ロドリゴ・ロア・ドゥテルテが、第16回大統領の歴史的な宣誓することを目撃するためにあなたを招待します。
この歴史的なイベントにおいてあなたの存在の真価が高く認められます。

J.I.C.8 PHILIPPINES
Compostella Valley, Davao Del Sur, Davao City and Tagum City

J.I.C.8 JAPAN -OUBUBUSSAN-S
894-6 OUJI, ONO, HYOGO 675-1311 JAPAN